繰下げでも年金増えず? 在職中高給もらうケース

2018.02.23
Q

 老齢厚生年金の繰下げをすると、年金の額が増えるといいます。最近では、70歳以降の繰下げ選択に関する議論も開始しているようです。しかし、給与の高い人が繰下げを申し出ても、年金がまったく増えないこともあると聞きました。いったい、どのような仕組みなのでしょうか。【熊本・C社】

A

加算額に「支給率」乗じる 在老全額停止なら0%

 65歳から支給される老齢厚生年金は、申出により繰下げが可能です(厚年法44条の3)。受給開始が遅くなる分、1カ月当たりの年金額は増えます。1カ月繰下げすると、将来の年金額が原則0.7%増加します。

 繰下げ可能な期間は、現行では最長5年です。70歳を過ぎると、それ以上年金の受け取りを遅らせても1カ月当たりの年金額は増えません。以前は、70歳以降、手続きが遅れれば、その分、損する規定となっていました。しかし、平成26年4月からは、「5年を経過した後で申出をしたときは、5年を経過した日に申出をしたとみなす」規定に改定されました(同条2項)。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成30年3月1日 第2301号
ページトップ