遺族年金誰が受給するか 対象者の範囲知りたい

2013.03.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社の従業員が業務上災害で亡くなりました。従業員には、妻(40歳)、妻の連れ子、従業員と先妻の間の子、さらに従業員の両親がいます。遺族の数が多いほど年金額が増えるのでしょうか。受給者が誰になるのか教えてください。【千葉・N社】

A

年齢と障害状態で判断 有資格者多ければ増額

 労災事故において被災者が死亡した場合、遺族補償給付は原則的には年金支給で行われます。

 年金受給者の範囲は、労働者の死亡の当時その収入によって生計を維持していた配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹です。ただし、夫(事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む)、父母、祖父母については、60歳以上であること、子または孫は、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にあること、兄弟姉妹については、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年3月1日第2181号 掲載
ページトップ