パートに定着手当? 前職と賃金差どう計算

2018.02.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 パートを採用後、まもなく6カ月に達します。再就職後の賃金減を補う手当があったはずですが、月給から時給になった場合どのように比較すべきでしょうか。【長野・M社】

A

「最低保証」の適用で不利も

 再就職後の賃金減を補う手当として、就業促進定着手当(雇保法56条の3第3項第2号)があります。まずは、再就職手当の受給が必要です。パート等でも、1年を超えて更新が確実と認められるときは、基準を満たします(雇用保険業務取扱要領)。

 要件の2つ目は、再就職後6カ月間の賃金の1日分の額(みなし賃金日額)が、離職前の賃金日額(算定基礎賃金日額)を下回ることです(雇保則83条の2)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年1月29日第3146号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ