休憩といえず保障必要か 営業マンが社有車運転 社内で食事することも

2016.03.07
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 労組役員として組合員と懇談していたところ、休憩時間について質問を受けました。営業社員は社有車の貸与を受け、外勤業務に従事しています。「仕事の段取りの関係で、車中で食事を済ませる日もある。休憩が取れなかった日は、その分の保障がほしい」というのですが、法律的にはどう考えるべきでしょうか。【長野・T社】

A

「自由利用」に反しない

 休憩時間は「労働時間が6時間を超えるときは45分以上、8時間を超えるときは1時間以上」与えなければなりません(労基法34条)。内勤業務で休憩時間中に仕事を命じれば、法定基準に満たない分を別に与えるのは当然の義務です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年3月7日第3055号16面 掲載
ページトップ