年休の出勤率もカットか 早退や遅刻で減給制裁

2017.01.16
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 年休付与に必要な8割の出勤率について、遅刻や早退によって、出勤率を低減させることはできるのでしょうか。たとえば、所定労働時間が8時間の事業場で2時間遅刻したら出勤率も25%減としたり、それが難しければ「減給の制裁」規定に照らして、遅刻3回で1日の欠勤と扱う方法だとどうでしょうか。【静岡・H社】

A

一部就労し欠勤扱い不可 「労働日単位」でみる

 出勤率は、全労働日のうち何日出勤したかで決まります(労基法39条)。「労働者の勤怠の状況を勘案して、特に出勤率の低い者を除外する立法趣旨」です(昭33・2・13基発90号)。全労働日の日数は…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年1月15日第2274号 掲載
ページトップ