高額療養費の限度は? 報酬53万円で区分

2015.01.26
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 高額療養費は、所得区分により自己負担の限度額が定められています。標準報酬月額「53万円」未満は、同額だったはずですが、間違いはないでしょうか。【広島・C社】

A

26万円以下に新等級が

 高額療養費の自己負担限度額(70歳未満)について、健保令42条では、療養のあった月の標準報酬月額が①上位所得者(53万円以上の者)、②市町村民税非課税者と③それ以外の者(一般)で、それぞれ基準額を定めていました。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年1月26日第3002号16面 掲載
ページトップ