随時改定の手続き不要か 手当増えたが時間外減少

2017.09.27
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 若くして課長職に抜擢された従業員がいます。役職手当と基本給のアップにより、通常なら随時改定の対象になるところです。しかし、この従業員の場合、多額の時間外手当がなくなったため、昇職後、逆に賃金総額が下がる結果となりました。随時改定の手続きは、必要ないのでしょうか。【徳島・Y社】

A

2等級上昇なければ 非固定の変動加味される

 労基法でいう管理監督者に昇職すると、労働時間規制の対象外となります。時間外・休日労働に従事しても割増賃金を支払う必要がなくなるため、給料の逆転現象が発生するケースもあります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年10月1日第2291号 掲載
ページトップ