内勤後の出張にみなし制? 終業時刻間際まで勤務 労働時間どう算定すべきか

2013.07.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 終業時刻間際に顧客トラブルが発生し、急きょ、担当者を遠隔地に出張させることになりました。当日の夜、相手方担当者と打ち合わせることになります。当社では、出張時には、事業場外労働みなし制を適用していますが、今回のようなケースでは、どのように処理すればよいのでしょうか。【愛知・D社】

A

遂行に必要な時間加算

 事業場外労働みなし制には、3種類あります。

①所定労働時間働いたとみなす(38条の2第1項)

②通常必要な時間働いたとみなす(同ただし書き)…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年7月15日第2929号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ