委員会議事録閲覧を制限したい 企画型裁量制の決議確認 団交に使われることを懸念

2015.11.16
Q

 従業員から「企画業務型裁量労働制の委員会議事録を閲覧するので、総務の保管ファイルを借りたい」といわれました。本人は、長時間労働があっても残業代が払われない点に不満を感じているようです。過去にユニオン(合同労組)に加入した従業員ともめた経験があり、制限をかけたいのですが、問題がありますか。【熊本・D社】

A

周知必要で拒否できない

 現在のところ、閲覧希望の理由が明らかにされていません。貴社では、「将来的に団体交渉に使用される」点を懸念されているようです。

 仮に社外のユニオン代表者から団交申入れとともに、資料請求があったとします。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年11月16日第3041号16面
ページトップ