入退場記録は保存不要? 専門業務型裁量制を採用 時間把握義務ないと認識

2018.09.07 【労働基準法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社ではICカードで職場の入退場時間を記録していますが、システム管理者から記録の廃棄について質問がありました。一般の労働者分については3年間の保存義務があると考えていますが、専門業務型裁量労働制の対象者は労働時間の把握義務がないので、保存する必要もないという理解で良いのでしょうか。【広島・W社】

A

労働時間の状況で3年分

 一般の労働者については、「労働時間の適正把握ガイドライン(平29・1・20基発0120第3号)」のなかで、「労働日ごとの始業・終業時刻の確認」「記録の3年間の保存」が義務付けられています。しかし、同ガイドラインでは「法41号に定める者(管理監督者、監視断続労働者等)およびみなし労働時間制が適用される労働者」は対象から除くと述べています。

 それでは、裁量労働制で働く従業員については、記録を保存する必要がないのでしょうか。先に結論を述べると、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成30年9月10日第3176号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ