年金受給後に繰下げは? 60歳代の在老一部出たが

2015.12.24
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 まもなく65歳に達する役員がいて、本人は老齢厚生年金の繰下げを希望しています。現在は役員報酬が高額なため、60歳代前半の老齢厚生年金は全額支給停止となっています。しかし、会社業績が悪く、役員報酬が大幅カットされた時期に、しばらく年金を受けたことがあります。「既に年金を受けたことがある」場合、繰下げに支障が生じますか。【徳島・K 社】

A

 65歳からの老齢厚生年金の受給権者が、厚生年金の被保険者である(あるいは70歳以上で被保険者同様の働き方をしている)場合、在職老齢年金(厚年法46条)の仕組みが適用されます。役員で高報酬を得ていると、厚生年金部分は全額(経過的加算等除く)または大部分が支給停止となります。  対応策として、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年12月1日第2247号 掲載
ページトップ