副業時に労働不能どう判断 休業補償給付の要件 一方で勤務できるとき

2022.08.05 【労災保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 副業・兼業を認める際の心配事に、長時間労働やケガ等があります。たとえば、当社(本業)はデスクワーク、副業で力仕事に従事したとします。副業でケガをしてもいずれかで働くことができるとき、労働不能かどうかはどう判断するのでしょうか。【兵庫・D社】

A

賃金差し引き不支給も

 副業・兼業を禁止している理由として、「従業員の長時間労働・過重労働の助長」はかなりの割合を占めています(㈱リクルート「兼業・副業に関する動向調査データ集2021」など)。副業・兼業を認めているかに関しては、厚生労働省は自社のホームページ等で情報公表が望ましいとしています(令4・7・8改定「副業・兼業ガイドライン」)。

 いわゆる複数事業労働者の業務上の事由、2以上の事案を要因とする事由、通勤による傷病等により労災保険給付を行う場合、給付基礎日額は合算する仕組みです(労災法8条3項)。

 労働者が療養のため労働することができないために…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和4年8月8日第3364号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。