育休中でも受診? 年1回の定期健康診断

2022.07.05 【労働安全衛生法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 現在育児休業中の従業員がおり、最後の定期健康診断から間もなく1年になります。育休中でも受診させる必要はあるのでしょうか。受けさせる必要がない場合、育休終了後、いつまでに行えば良いですか。【徳島・S社】

A

休業明けてから速やかに実施を

 事業主は、原則、年に1回、常時使用する労働者に対して、医師による定期健康診断を受けさせなければなりません(安衛法66条1項、安衛則44条)。短時間・有期雇用労働者も、①無期雇用(有期のときは、基本、契約期間が1年以上の場合や、更新などで1年以上となったり、なる予定だったりする場合を含む)、かつ②週の所定労働時間が同種の業務に従事する通常の労働者の4分の3以上――のときは実施が必要です(平31・1・30基発0130第1号)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和4年7月4日第3359号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。