報酬支払日に含むか 遅刻や早退の取扱い

2017.06.07
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 正社員の定時決定において、報酬支払基礎日数が17日未満の月は、その月を除外するといいます。遅刻・早退などで丸1日勤務しなかったような日はどのように扱うのでしょうか。【広島・S社】

A

欠勤日数のみ控除

 健保の被保険者が実際に受ける報酬と、すでに決められている標準報酬月額とが、大きくかけ離れないよう、毎年1回事業所に使用される被保険者の報酬月額を届け出て、被保険者の標準報酬月額を決定します。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年6月5日第3115号16面 掲載
ページトップ