適用拡大の対象になるか 人手不足で週20時間超過

2018.09.11
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社は500人超で、平成28年の社会保険適用拡大の対象となりました。その際、週20時間以上の要件を満たさないと判断し、社会保険加入の手続きをしなかったパートがいます。しかし、最近の人手不足により予定外の出勤が増え、平均すると20時間を超えている可能性があります。早急に社保の手続きをするべきでしょうか。【大分・B社】

A

実労働時間で判断も 直近2カ月の状況みる

 短時間労働者が健保の被保険者となる要件は、健保法3条1項9号に記載されています。原則は「いわゆる4分の3要件」を満たすことですが、そうでない場合も「1週間の所定労働時間20時間以上」「1年以上継続して使用見込み」「報酬8万8000円以上」等の条件をクリアすれば、被保険者となります。ただし、当面、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年9月15日第2314号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ