年休出勤率 遅刻早退どう計算? 3回で欠勤と処理 フル勤務を換算したい

2022.04.08 【労働基準法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 遅刻早退を繰り返す従業員への対応を検討しています。減給の制裁として、遅刻3回で1日分の賃金をカットすることは問題になる可能性があるようですが、年休付与の8割出勤率の計算において、欠勤として処理することは可能でしょうか。【愛知・M社】

A

一部出勤でも8割に含む

 労働者が、遅刻・早退をした場合、ノーワーク・ノーペイの原則に従って、その時間については賃金債権が生じないことになります。遅刻・早退の時間に対する賃金額を超える減給は制裁とみなされ、労基法91条に定める減給の制裁に関する規定の適用を受けます(昭63・3・14基発150号)。

 遅刻3回で1日分の欠勤と処理する方法自体はいくつか考えられます。たとえば、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年4月11日第3348号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。