社労士の事務所も適用か 5人未満の扱いどうなる

2021.09.13 【健康保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 社会保険の適用業種が拡大され、「士業」の事務所が対象に加えられる予定と記憶します。そこで確認ですが、社労士も適用業種に含まれますか。改正後も、1人事務所の場合、関係がないという理解で間違いないでしょうか。【佐賀・K社労士】

A

令和4年10月から対象に 「1人法人」加入が必要

 年金制度改正法は令和2年6月5日に公布されましたが、その中に、社会保険の適用業種拡大も含まれています。拡大に関する部分は、令和4年10月1日施行です。

 改正法の本則では、対象となる「士業」の範囲を「弁護士、公認会計士その他政令で定める者が法令の規定に基づき行うこととされている法律又は会計に係る業務を行う事業」と規定していました(健保法3条3項1号レ)。

 「その他政令で定める者」については、健保令の改正(令3・8・6年金制度改正法の施行に伴う関係政令等の整備に関する政令)により、次のとおり、定められました(1条)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2021年9月15日第2386号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ