保険証は自ら返納して!? 退職時に「行方不明者」が

2021.10.13 【健康保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、多数の期間雇用者を雇用していますが、中には突然、音信不通となり、健保の被保険者証を回収できなくなるケースがあります。ネット上の記事では、被保険者証を事業主経由でなく、被保険者に直接送付する仕組みが整備されたようです。逆に、期間雇用者の採用時、「退職するときは、本人が直接返納する」というルールにしたいのですが、いかがでしょうか。【秋田・R社】

A

事業主経由する必要が 添付不可なら回収不能届

 事業主は、資格の得喪等に関する事項を保険者に届け出ます(健保法48条)。届出の義務者は事業主であるため、被保険者証の交付・返納について、健保則では次のように定めています。

 資格取得時には、「保険者は、被保険者証を交付しようとするときは、これを事業主に送付」しなければなりません(健保則47条3項)。

 資格喪失時も、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2021年10月15日第2388号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。