固定残業代も減額調整? 欠勤等あった場合に 確約した以上不可なのか

2021.08.27 【労働基準法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 他社の人事労務担当者と交流の機会があり、固定残業代の話題で情報交換しました。一人の担当者が、「固定残業代制を導入した場合、月当たり〇〇時間分の割増賃金を支払うと確約したのだから、欠勤等があっても、減額調整できないはず」という持論を展開されました。私自身は単純に、他の手当同様にカット可能と考えていましたが、なぜこのような意見が出るのでしょうか。【京都・I社】

A

期間の途中適用考えると

 この問題は、制度の設計思想をどう捉えるかと関連します。相反する2つの考え方を紹介します。

 第1は、実力主義の濃厚な完全フレックスタイム制と類似の性格を持つという立場です。コアタイムなしの完全フレックス制では、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年8月30日第3318号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。