パパ休暇との違いは? どの点で優遇される 新設の出生時育児休業

2021.07.16 【育児・介護休業法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 男性の育休取得を促進する改正育介法が公布されました。一番のセールスポイントとして、「子の出生直後の休業制度(出生時育児休業)」の創設が注目されます。他社も含め話を聞くと、確かに男性の育休申出は「妻の産休中」に集中しているようです。しかし、現在でも「パパ休暇」という仕組みが設けられています。新制度は、これまでと比べ、どのような点が優遇されているのでしょうか。【神奈川・S社】

A

長い申出期間や就労条件

 改正育介法は、4段階に分けて施行されます。出生時育児休業の施行日は、「公布(令和3年6月9日)から1年6月以内の政令で定める日」です。

 出生時育児休業は、「子の出生の日から8週間を経過する日の翌日まで(略)の期間内に4週間以内の期間を定めてする休業」と定義されています(育介法9条の2)。

 一方、現行(改正前)の規定でも、男性を対象とする…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和3年7月26日第3314号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ