男性のみが対象か 「パパ育休」と呼ばれる

2022.03.14 【育児・介護休業法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 令和4年10月からの出生時育休ですが、産後パパ育休などと称されています。期間は子の出生後8週間以内ですが、そもそもの疑問として対象はパパ(男性)のみに限定されているのでしょうか。【岐阜・O社】

A

産後休業は女性強制で

 出生時育休の申出について規定した改正育介法9条の2では、産後パパ育休という文言は登場しません。法案作成前にまとめられた建議で新制度普及のための通称を検討するとしていて、その後「取得の時期とメインターゲットが父親であることを盛り込んで」決定したものです(令3・8・30労働政策審議会雇用環境・均等分科会)。

 たとえば、健康保険に加入しておらず出産手当金の代替で、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和4年3月14日第3344号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。