人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

2021.07.28 【健康保険法】

随時改定に該当? 本業と兼業で変動発生

キーワード:
  • 副業・兼業
  • 標準報酬月額
Q

 嘱託で週3日勤務、旧友の手伝いで週3日ほど兼業する労働者がいます。当社は企業規模から特定適用事業所で、兼業先も、来年10月に常時100人以上で対象となるのをにらみ任意特定適用事業所となっているため、双方健康保険の被保険者です。当社の賃金見直しと兼業先の昇給が偶然重なりましたが随時改定はどう考えますか。【栃木・B社】

A

事業所ごとに対象かを判断

 同時に2以上の事業所で被保険者となる場合、標準報酬月額は、被保険者となる各事業場において算定した報酬月額を合算し決定します(健保令47条)。各事業主が負担すべき保険料額は、標準報酬月額から計算した保険料額の半額に、報酬月額の合算額に対する各事業主が支払った報酬月額の割合を乗じて算出します。…

回答の続きはこちら
2021.06.28 【厚生年金保険法】

養育特例の対象か 初めて男性から申出

キーワード:
  • 標準報酬月額
  • 短時間勤務
  • 養育特例
Q

 育児短時間勤務等で報酬が低下しても年金額に影響を及ぼさない「養育特例」ですが、当然に男性も対象と思っていたところ、ある男性から妻が専業主婦でも「養育」なのか聞かれました。育児と養育で異なる定義か何かあるのでしょうか。【福島・R社】

A

標準報酬月額低下なら適用

 養育特例は、3歳未満の子を養育する(厚生年金の)被保険者の申出により適用する手続きです(厚年法26条)。特例の適用を受けるには、被保険者は事業主を経由して申し出る必要があります。

 短時間勤務のほか、所定外労働の制限(育介法16条の8)により残業を免除したとき、報酬が減ることがあります。…

回答の続きはこちら
2021.04.27 【健康保険法】

定時決定で留意点は 例年4月昇給を7月に

キーワード:
  • 定時決定
  • 標準報酬月額
Q

 例年4月昇給で同月分の支払いから反映させていますが、労使交渉に時間がかかっているなど諸般の事情で、7月分から昇給・支払いする運びとなりました。標準報酬月額の定時決定で注意事項はありますか。【香川・T社】

A

特段考慮なく通常どおりに

 標準報酬月額の定時決定は、原則、7月1日に使用する全被保険者を対象に、現実に4~6月の3カ月間に受けた報酬に基づいて決定します(健保法41条)。

 ご質問のケースでは、実際に昇給分が支払われ始めるのが7月であるため、…

回答の続きはこちら
2021.04.06 【健康保険法】

資格得喪可能か? 有期契約更新で期間空け

キーワード:
  • 有期労働契約
  • 標準報酬月額
  • 被保険者資格
Q

 現在、週5日勤務している有期契約労働者がいます。契約更新時期が近付き話をしたところ、週4日勤務へ変更したいといわれました。少し期間を空けて再契約することで、被保険者資格を一度得喪させ、資格取得時決定によって標準報酬月額の等級を更新直後から従前より下げることはできますか。【北海道・H社】

A

明確に更新予定は不可

 被保険者資格は、使用されるに至った日に取得し、されなくなった日の翌日に喪失します(健保法35、36条)。また、転職など資格の得喪を伴う際の標準報酬月額は、新たな事業所に使用されるに至った日に資格取得時の決定を受けます(同法42条)。…

回答の続きはこちら
2021.03.23 【厚生年金保険法】

定時決定に影響か 3カ月清算のフレックス

キーワード:
  • フレックスタイム制
  • 定時決定
  • 標準報酬月額
Q

 4月から清算期間が3カ月のフレックスタイム制を導入します。報酬関係に変更はなく、月末締め翌月10日払いのまま、手当の創設などもありません。4~6月の残業代(4、5月は月50時間を超える分除く)を清算期間後の7月10日に支払うこととなりますが、標準報酬月額の定時決定に影響はありますか。【京都・G社】

A

通常どおり4~6月で

 定時決定は、6月入社などを除き、7月1日時点で在籍している労働者を対象として、4~6月に支払われた報酬をベースに標準報酬月額の等級を改定する仕組みです(健保法41条)。改定後の等級は、随時改定などがない限り、9月~翌年8月まで適用されます。…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ