人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

2021.07.05 【高年齢者雇用安定法】

対象者基準を見直し? 65歳以上柔軟にしたい

キーワード:
  • 労使協定
  • 就業規則
  • 継続雇用制度
Q

 65歳以上の継続雇用制度を設けた場合の対象者基準ですが、実際運用してみないと分からない部分もあるため、適宜見直したいのですが可能でしょうか。そもそも、対象者基準は就業規則、労使協定のいずれによるべきでしょうか。【山口・D社】

A

「就業規則」変更の問題

 65歳以上の継続雇用制度は、努力義務である就業確保措置の選択肢の1つになります(高年法10条の2)。

 対象者基準の内容は、原則として…

回答の続きはこちら
2021.03.09 【労働基準法】

有効期間の扱いは? フレックスと労使協定

キーワード:
  • フレックスタイム制
  • 労使協定
  • 労働時間関係
Q

 労使協議で、フレックスタイム制の導入が議題となりました。仮に導入する場合、労使協定に有効期間の定めは必要ですか。期間の基準は示されていますか。【香川・R社】

A

1月以内で清算は不要

 フレックスタイム制を導入するには、就業規則で始業と終業の時刻を労働者の決定に委ねる旨を定め、労使協定で清算期間などを規定します(労基法32条の3)。清算期間が1カ月を超える場合は、…

回答の続きはこちら
2021.02.26 【労働基準法】

0.5日分は切り上げる? 時間単位年休を導入 従来の半日と併用したい

キーワード:
  • 休憩・休日関係
  • 労使協定
  • 年休
Q

 新たに労使協定を結び、時間単位年休制を導入する際、1日未満の端数管理をどう管理するかという記事を読みました(本紙令3・2・1日付3291号等本欄)。当社の場合、これまで半日単位年休制を運用してきました。時間単位制と併用する際、半日単位の端数は切上げ処理し、繰上げ日数を計算すべきでしょうか。【佐賀・W社】

A

労使で定めれば可能に

 年休の時間単位付与は、労使協定の締結や利用日数の限度(1年度5日)等のルールが法律の条文で定められています(労基法39条4項)。一方、半日単位付与制の運用は基本的に事業場に委ねられています(平7・7・27基監発33号)。

 端数管理については、年度の途中で制度を導入した場合と年度終了後に翌年度に繰り越す場合がありますが、本欄では後者について検討します。

 たとえば7時間の事業場の場合、…

回答の続きはこちら
2021.02.04 【労働基準法】

10人未満で1カ月変形制は?

キーワード:
  • ショート実務相談Q&A
  • 労使協定
  • 変形労働時間制
Q

 1カ月単位の変形労働時間制を導入するに当たり、通常は就業規則にて適用していますが、従業員10人未満の会社で就業規則を作成していない場合、労使協定のみで導入できるものでしょうか。

A

 労働基準法32条の2に基づいて、労使協定または就業規則その他これに準ずるものにより、導入ということになります。

 結論としましては、…

回答の続きはこちら
2021.01.26 【労働基準法】

職種ごとに代表者? 複数の1年変形制適用へ

キーワード:
  • 労使協定
  • 労務一般関係
  • 変形労働時間制
Q

 1年単位の変形労働時間制の導入を考えています。繁閑が異なることから、職種ごとに別々の労働時間を設定する予定です。労使協定は、過半数代表者を各職種のグループごとに選出し、それぞれと締結する必要があるのでしょうか。【宮城・R社】

A

1人と締結で問題なく

 1年単位の変形労働時間制を採用する際には、適用する事業場に過半数で組織する労働組合があればその労働組合、ない場合には労働者の過半数代表者と労使協定を締結したり就業規則による定めをすることが必要です(労基法32条の4)。たとえば事務職と営業職で…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ