衛生管理者をどう選ぶか 人数など留意点教えて

2020.09.28 【労働安全衛生法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社は、正社員の他にアルバイト職員を含めて職員50人余の製造業を営む会社です。当社では、衛生管理者を選任する必要があると聞きましたが、衛生管理者の選任について、その方法、留意点等についてご教授ください。【新潟・E社】

A

有害業務30人なら専任 200人超は2人必要に

 衛生管理者は、労働者の健康障害を防止するための措置や衛生のための教育の実施、労働災害の原因の調査および再発防止対策等の業務のうち衛生に係る技術的事項を管理します。以下にお話の衛生管理者の選任方法、その留意点等に関する主な事項についてご説明します。

1 衛生管理者の選任等

 事業者は、政令で定める規模の事業場ごとに、都道府県労働局長の免許を受けた者その他厚生労働省令で定める資格を有する者のうちから、衛生管理者を選任し、その者に総括安全衛生管理者が統括管理すべき安衛法10条1項各号の業務(ずい道等の建設の仕事および圧気工法による作業を行う仕事において、同法25条の2第2項の規定により技術的事項を管理する者を選任した場合においては、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2020年10月1日第2363号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ