労務不能どの程度? 傷病手当金を継続受給

2020.08.09 【健康保険法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 退職後も引続き傷病手当金を受給する予定の人から、いつまで受給できるのか心配だといわれました。退職後の「労務不能」はどのように判断するのでしょうか。【島根・T社】

A

従事した業務と比較を継続

 傷病手当金は、被保険者(任意継続被保険者を除く)が療養のため労務に服することができないとき、その労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日から労務に服することができない期間、支給されます(健保法99条1項)。

 法104条では、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
令和2年8月10日第3268号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ