65歳から報酬をどう設定 在職老齢の減額避けたい

2020.05.13 【厚生年金保険法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社は中小企業で、社長の奥さんも役員に名を連ねています。来年度には65歳になられるのですが、在職老齢の対象にならないように報酬設定したいということです。どのように考えればよいのでしょうか。【佐賀・W社】

A

合算して月47万円以下 超えた分は半分カット

 在職老齢年金の仕組みには、「60歳代前半の老齢厚生年金」を対象とするものと、「65歳からの老齢厚生年金」を対象とするものの2種類があります。

 ご質問にある奥さんは、60歳代前半の間は、在職老齢年金の適用により、大幅に年金額が減額されていたと推察します(現在、国会で改正法を審議中)。

 しかし、「65歳から」は、在職老齢年金の仕組みが変わり、減額が始まる賃金のボーダーラインも上方に引き上げられます。うまく役員報酬を設定すれば、満額の年金を受け取ることも可能です。

 年金の支給停止額を決めるファクターは、3つあります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2020年5月15日第2354号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ