勤務月から在老で減額か 月途中に入社したら

2020.07.11 【厚生年金保険法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 体調不良で定年時に退職を選択された方がいます。先日、OB会を開催したのですが、すっかりお元気になられていました。高度技能の持ち主だったので、経営陣は復帰交渉を進めたい意向です。ただし、既に60歳代前半の年金を受給しています。会社の賃金締切日の翌日(21日)から勤務した場合、その月は在職老齢年金の対象になるのでしょうか。【東京・I社】

A

調整されるのは「翌月」 引き続き加入が条件

 厚生年金の被保険者期間は、「資格を取得した月から資格を喪失した月の前月まで」を算入します(厚年法19条)。月の途中に入社しても、その月をフルの1カ月として取り扱います。保険料も、「被保険者期間の計算の基礎となる各月につき、徴収」されます(81条)。

 一方、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2020年7月15日第2358号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ