固定的賃金の変動続いたら

2020.04.30 【健康保険法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 4月に昇給があり、5月に通勤手当の減額がありました。固定的賃金の変動が続いた場合の、随時改定はどのように考えるのでしょうか。

A

 4、5、6月の平均額が、従前の標準報酬月額と2等級以上の差があれば7月に随時改定が行われます。

 さらに、5、6、7月の平均額が、7月に改定された標準報酬月額と2等級以上の差ががあれば、8月に随時改定が行われます。

 7月から9月までのいずれかの月から標準報酬月額を改定され、または改定されるべき被保険者については、その年に限り定時決定の適用はありません(健保法41条3項、厚年法21条3項)。

ショート実務相談Q&A 掲載

あわせて読みたい

ページトップ