議事録はすべて開示か 企画型裁量制の労使委員会 「破棄済み」だと問題?

2015.12.14
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 企画業務型裁量労働制の労使委員会は、開催の都度、議事録を作成します。従業員から閲覧要求があった場合、応じる義務がある(平成27年11月16日付16面)という話ですが、保存してある全ファイルの開示が求められるのでしょうか。「古いファイルは破棄済み」と回答すると、問題がありますか。【熊本・D社】

A

決議含むなら6年前まで

 企画業務型裁量労働制に関する書類には、労使委員会の決議、議事録、運営規程、労基署へ届け出た書類等があります。前二者について、周知・保存義務に関する規定を確認しましょう。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年12月14日第3044号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ