夫亡くなり年金どうなる 65歳以上の妻が残され

2020.03.28
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 中間管理職から、年金の相談を受けました。70歳代の父親が亡くなり、残された母親と同居するかもしれないということです。「母親は、現在、老齢基礎年金を受給中ですが、父親の分の年金の上乗せがあるのでしょうか」という質問です。年齢が高くても、別段問題ないと思うのですが、いかがでしょうか。【広島・B社】

A

 高年齢者の夫婦(健常者)は、それぞれの老齢基礎年金・厚生年金を主たる収入源とします。しかし、どちらかの年金(通常は夫)が、その大部分を占めます。こうした場合、残された方の生活が不安定になります。

 ですから、当然、遺族年金の請求という問題が生じます。ご質問の中間管理職の方も含め、お子さんはすでに中年に達しているという前提で考えてみましょう。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2020年4月1日第2351号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ