被災地の活動で留意点は 重量物運搬などに従事

2020.03.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 災害ボランティアに参加する際の注意事項を教えてください。屋外で重量物の運搬などを行うことがあります。【茨城・K生】

A

粉じん対策にマスク必須 滑り止め手袋や安全靴も

 まずボランティアなので労災保険が適用されません。万が一に備えてボランティア保険に加入しましょう。市区町村にあるボランティアセンターで加入できます。

 センターでは依頼内容に応じて班に分けられます。リーダーを決めてそれぞれ自己紹介をしましょう。例えばAさんは軽トラックを所持、Bさんの活動はお昼まで、Cさんは経験者など情報を共有します。活動中は名前で呼び合えるとコミュニケーションが取りやすくなります。

 現地に到着したら…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2020年3月1日第2349号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ