年齢引上げの条件は 雇用者限定できる基準

2016.11.07
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 今年の4月から、継続雇用について対象者を限定できる基準が使えるのが62歳以上の者に引き上げられましたが(平28・6・20付3069号16面)、毎年ではなく数年おきに変更されているように見受けられます。適用を間違えないよう変更の時期を把握したいのですが、どのような条件で引上げがなされるのでしょうか。【佐賀・O社】

A

年金支給開始の年齢と連動

 高年齢者の雇用を確保する継続雇用制度では、以前は労使協定で基準を定め、一定の高年齢者を対象外とすることができましたが(高年法旧9条2項)、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年11月7日第3087号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ