受給開始後申出できるか 「年金の繰下げ」が話題に

2019.01.10
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 年金の繰下げが、マスメディア等で取り上げられ話題になりました。繰下げの手続きを採ると、ずい分と金額が増えるようです。しかし、私はすでに「60歳代前半の老齢厚生年金」の受給を開始しています。今さら繰下げの申出は認められないのでしょうか。【岐阜・M生】

A

65歳から1年未請求なら 国年・厚年単独申請も可

 法律の本則(厚年法42条)に基づく老齢厚生年金は、65歳に達すると受給権を取得します。しかし、「受給権を取得した日から起算して1年を経過した日」までに年金を請求していなかった人は、支給繰下げの申出ができます(同44条の3)。

 繰下げを選択すると、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成31年1月15日第2322号 掲載
ページトップ