被扶養配偶者の年収130万円基準

2016.06.02
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 国民年金の第三号被保険者である妻が、雇用保険の失業等給付を受給する予定です。年収130万円未満かどうかはどのように判断するのでしょうか。

A

 被扶養者の収入には、雇用保険の失業等給付のほか、公的年金、健康保険の傷病手当金や出産手当金も含まれると解されています。

 130万円を365ではなくて、360で除した額(3611.1111…)を超えるか否かで判断します。たとえば、雇用保険の基本手当の額(1日あたりの額)が、3612円以上であれば、130万円以上と扱われます。

ページトップ