賞与が障害年金に影響? 計算ベースは平均賃金 労災特別支給金も受給

2018.08.28
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 今年のボーナスは、入社以来最高レベルの支給月数でした。先日、現場従業員と談笑した際、年金の話になりましたが、この方は昨年、業務上災害で6級の障害補償年金の受給権を得ています。冗談半分で「もし、今年、裁定を受けていたら、年金の額が増えていたでしょうか」と質問されました。長年、受給する年金が「ケガした単年度の賞与」に左右されるのでしょうか。【大阪・N社】

A

年間給与の2割まで反映

 障害補償給付のうち、障害等級7級以上は年金給付となります。6級は「給付基礎日額」の156日分です(労災法15条、別表1)。

 給付基礎日額は、最低補償額(平成30年度は3940円)等の細かな違いはありますが、基本的には「労基法の平均賃金に相当する額」とされています(労災法8条)。平均賃金ですから、ボーナス(3カ月を超える期間ごとに支払われる賃金)は計算ベースから除かれます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年8月27日第3174号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ