支給停止額にどう影響? 在老の計算式一部変更で

2015.07.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 平成27年4月から、在職老齢年金の計算式が一部変更されたといいます。変更の影響が及ぶのは、総報酬月額相当額が47万円近辺の人だけでしょうか。また、どの程度有利になるのでしょうか。【埼玉・D社】

A

所得多い人には多少緩和 調整変更額のみ1万円増

 在職老齢年金の規定は、60歳代前半の老齢厚生年金と65歳からの老齢厚生年金の両方について設けられています。本欄では、前者について説明します。

 60歳代前半の老齢厚生年金を対象とする在職老齢年金では、基準となる数字が2種類あります。第1は支給停止調整開始額で、平成27年度も引き続き28万円です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年7月1日第2237号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ