端数どう処理している? 12で割り切れない年金額

2014.12.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 年金の額は、50円単位で四捨五入を行うといいます。しかし、12カ月では割り切れず、小数点以下の端数が延々と続きます。支払時には、どのように処理されるのでしょうか。【長崎・G社】

A

支払額1円未満は切捨て 2月支給時まとめて加算

 厚生年金と国民年金は、基本的に同じ処理方法を採っているので、厚生年金の規定に従って説明します。なお、年金額の端数処理の方法は、平成27年10月から改正予定となっています。

 現行規定によると、ご質問にある通り、保険給付の額(年金の1年分の支払額)に「50円未満の端数が生じたときは、これを切り捨て、50円以上100円未満の端数が生じたときは、これを100円に切り上げ」ます(厚年法35条)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年12月1日第2223号 掲載
ページトップ