病院に全額請求できる? 交通事故と医療事故が競合

2014.06.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 自転車に乗っていた夫が車にはねられ頭蓋骨を骨折し、さらに搬送先の病院での不適切な処置も重なって間もなく死亡しました。車の運転者は保険に入っておらず、資力もありません。この場合、遺族は病院に対し損害の全額を賠償するよう請求できるのでしょうか。なお、交通事故の加害者との関係では夫にも一時停止違反という過失があるようです。【東京・K子】

A

原則として全額請求可能 共同不法行為で連帯責任

 交通事故と医療事故のいずれもが被害者の死亡というひとつの結果を招き、その結果について相当因果関係がある場合には、交通事故における運転行為と医療事故における医療行為とは民法719条にいう共同不法行為にあたり、交通事故の加害者である運転手と医療事故の加害者である病院は連帯責任を負うことになります。つまり、交通事故の加害者と病院は、それぞれ全部の損害を賠償する責任を負います。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年6月15日第2212号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ