相手の過失立証難しい? 自転車同士が坂道で衝突

2014.04.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 高2の息子が自転車で坂を下っていたとき、上ってきた高校生の自転車と衝突し重傷を負いました。相手は無傷で、息子のほうがぶつかってきたと証言し、息子は事故の記憶はあいまいです。どのように賠償請求をしたらいいでしょうか。なお、どちらも自転車保険に入っています。【岡山・E生】

A

下り側が不利になることも 有利な要素探す努力を

 損害賠償請求の範囲は事故と因果関係のある損害のすべてであり、治療費・入院費・リハビリ費、交通費、傷害の慰謝料、後遺障害の慰謝料、逸失利益などです。

 過失割合については、自転車同士の事故の場合、その算出は困難です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年4月1日第2207号 掲載
ページトップ