傷病手当金延長できるか 子会社に移籍させて休職

2014.03.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 従業員が、重度のケガで休職中です。会社規程では、私傷病休職期間1年で自然退職と定めています。有為な人材なので、会社としては、「子会社に移籍したうえで、さらに1年間の休職を与える」というプランを検討しています。子会社で新たに健保資格を取得すれば、傷病手当金の給付期間も延びるのでしょうか。【広島・G社】

A

1年6カ月の支給が限度 障害年金への切り替えも

 傷病期間が長期に及ぶ場合、最初は年休の残日数を消化し、次に私傷病休職が発令され、期間満了で退職というプロセスをたどります。

 退職日の翌日に健保資格を喪失しますが、資格喪失の前日まで引き続き1年以上被保険者期間があれば、資格喪失後の継続給付を受けることができます(健保法104条)。

 しかし、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年3月15日第2206号 掲載
ページトップ