標準報酬月額据え置くか 支払基礎日数が不足

2018.02.23
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 産休から復帰後、短時間勤務を選択した従業員がいます。賃金が下がるので、標準報酬月額の変更を予定していました。ところが、体調の不良で休みが増え、報酬の支払基礎日数が17日を割り込む月が発生してしまいました。標準報酬月額が下がらないと、保険料負担も減りませんが、なんとかならないのでしょうか。【愛媛・S社】

A

産前産後は1等級で改定 17日未満の月除いて計算

 標準報酬月額は、原則として1年固定ですが、例外が設けられています。

①随時改定(健保法43条)
②育児休業等を終了した際の改定(同43条の2)
③産前産後休業を終了した際の改定(同43条の3)

 いずれも、3カ月の「実報酬月額」の平均と本人の「標準報酬月額」を比較し、一定以上のかい離が生じたとき、調整する仕組みです。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年3月1日 第2301号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ