立替払いできるか 治療用具の購入代金

2017.10.31
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社に慢性的な腰痛(私傷病)をかかえる従業員がいます。健保では、病院や薬局で保険証を提示して、自己負担額を支払うのが一般的と思います。サポーターを自費で購入したときに費用の請求はできるのでしょうか。【埼玉・E社】

A

医師指示が前提に

 健康保険では、病院など保険医療機関の窓口に保険証を提示して診療を受ける現物給付が原則です。療養の給付(法63条)といいます。

 一方で、療養費(法87条)があります。これは、かかった医療費の全額を一時立替払いし、あとで請求して払い戻しを受けるものです。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年10月30日第3134号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ