葬祭料の請求行うのは? 会社で執り行うことに

2017.10.11
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 今般、業務上死亡した従業員の葬儀を会社で執り行うこととしました。労災保険給付である「葬祭料」は、当社と遺族どちらに支給されることになるのでしょうか。【東京・N社】

A

遺族いれば原則優先 給付基礎日額がベース

労災保険給付における「葬祭料」

 「葬祭料」は、遺族または葬祭を行う者に対し、その請求に基づいて行う(労災法12条の8第1項5号、2項)とされています。「遺族」とは、配偶者、子、父母、祖父母および兄弟姉妹をいい、遺族補償給付の対象としています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年10月15日第2292号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ