パワハラの評価は? 過労死認定で新基準

2021.11.08 【労災保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 過労死認定の基準が改正され、パワーハラスメントなどが規定化されたといいますが、そもそもこれまで考慮されていなかったのでしょうか。発症時期と認定基準の適用の関係はどう考えれば良いのでしょうか。【広島・A社】

A

「発症に近接」要件なくなる

 改正点の1つに、「心理的負荷を伴う具体的出来事」の明確化があります。パワハラなどがはっきりと規定されました。

 施行は、令和3年9月15日からです(令3・9・14基発0914第1号)。厚生労働省はパブリックコメントの中で「行政処分が行われた当時に適用されている認定基準により判断することが適当」としています。施行日に調査中の事案等は、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和3年11月8日第3328号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。