生理休暇は「全労働日」か 8割出勤で年休付与 通達みても分からない

2013.09.16
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 判例のページ(本紙平成25年8月12日付14面)について、質問があります。本論とは関係ない話ですが、年休発生要件となる出勤率(8割以上出勤)の計算上、「生理休暇の取得日は、出勤日数、全労働日にも算入しない」としています。例示の通達をみても、そのような趣旨に読めませんが、どう解釈すべきでしょうか。【埼玉・C社】

A

"学説"に基づいて除外

 出勤率は、「出勤日数÷全労働日」という算式で計算します。しかし、単純にこの方式によると、労働者に不利となるケースも想定されます。

 このため、「欠勤でも出勤とみなす日(業務上の傷病休職期間など)」「全労働日から除く日(ストライキなど)」等の例外が定められています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年9月16日第2937号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ