高齢者向けの安全対策は 転倒事故が発生しやすい

2017.07.03
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 高齢者に対する安全対策についてお尋ねします。当事業場は製造業ですが、今では、60歳を超えても健康であれば継続して働けるようになりました。しかしながら、転倒などの事故が高齢者に多く発生していて、良い対策がないかお尋ねします。【福岡・T社】

A

過去3年の事故例を調査 身体能力との関係を推測

 職場で働く高齢者が、事故で被災した場合、休業日数が多くなるなど、その程度が重くなるという傾向があります。

 高齢者が活力を失わずに、その能力を十分に発揮することが必要であり、そのような職場をつくっていくことが、本人はもちろんのこと、企業の活力を維持するためにも非常に大切なことです。

 ここで、企業等が高齢者を労働力として雇用することについて、良い点や特長をいくつか挙げてみましょう。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年7月1日第2285号 掲載
ページトップ