年休の出勤率扱いは 60時間超で代替休暇取得

2022.07.19 【労働基準法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 年次有給休暇の付与に関して出勤率を計算していたところ、ケガによる休職期間があった影響により、8割に届くか微妙な従業員がいます。休職前、時間外労働が60時間を超えたために代替休暇を取っていたことがあったのですが、出勤率算定においてはどう扱うのでしょうか。【神奈川・O社】

A

終日休みならば全労働日含めず

 月60時間を超える法定時間外労働に対しては、5割以上の割増賃金を支払わなければなりません(労基法37条1項。中小企業は令和5年4月まで猶予)。

 同規定が適用される場合、過半数労働組合(ない場合は過半数代表者)と労使協定を締結することで、60時間超の割増賃金の一部につき、金銭の代わりに「代替休暇」を与えることができます。金銭に代わる部分が…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和4年7月18日第3361号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。