時季指定の起算日は 前倒しして与えた年休で

2022.05.17 【労働基準法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 4月1日入社の新入社員から「辞めたい」と申出があり、5月末が退社日になりそうです。当社は年次有給休暇の付与日を統一しており、この社員には4月1日に10日付与したのですが、年休の5日の時季指定義務はどのように考えれば良いのでしょうか。【埼玉・A社】

A

10日以上は付与日から

 使用者は、年休が10日以上付与される労働者に対し、うち5日について、自ら取得した分を除き、付与基準日から1年以内に時季指定して取得させなければなりません(労基法39条7項)。中途採用などで付与基準日が従業員ごとに異なると、管理が煩雑です。そこで、法律上の付与日より前の日を付与基準日とし、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年5月16日第3352号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。