混ぜると危険な洗剤は? 強い毒ガス発生のおそれ

2022.04.02 【安全管理】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 ビルメンテナンス会社で食品工場の清掃作業をしています。洗浄剤のなかで混ぜると危険なものがありますか。どうすれば、見分けられるでしょうか。【福岡・I社】

A

ラベルで「塩素」「酸」確認 業務用は表示に注意を

 洗浄剤を混ぜることによる事故のほとんどは、その洗浄剤の特徴を押さえ、適切な対応をすることで回避できます。

 ①洗浄剤の特徴:洗浄剤とは、酸、アルカリまたは酸化剤および洗浄補助剤その他の添加剤からなり、その洗浄の作用が化学作用によるもので研磨剤を含まないものと定義されています。家庭用品品質表示法(以下、法)では、必ず「洗浄剤」を付記することが定められていて、具体的には「浴室用洗浄剤」「カビ取り用洗浄剤」のように用途を明確に表示する必要があります。どのような洗浄剤も混合による使用は想定されていないため、2種類以上を混ぜたり、前後に続けて使用したり、詰替えなど指定された容器以外への移替えは絶対に行ってはいけません。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
    2022年4月1日第2399号 掲載

    あわせて読みたい

    ページトップ
     

    ご利用いただけない機能です


    ご利用いただけません。