技能習得手当扱いは 一般教育訓練始め離職

2021.11.02 【雇用保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 このたび退職することとなった従業員と話をしていたところ、退職後は、公共職業訓練の受講を視野に入れているようです。一方、この人は、半年前から一般教育訓練の給付金の対象となる講座も受講しています。このような場合でも、技能習得手当は支給されるのでしょうか。【熊本・N社】

A

受給資格者が要件で可能に

 技能習得手当は、基本手当の受給資格者が、公共職業安定所長の指示した公共職業訓練等を受ける場合に支給されます。このうち受講手当は、基本手当の支給対象となる日について、日額500円が40日を限度に支給されます(雇保則57条)。

 一方、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和3年11月1日第3327号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。